HOME>オススメ情報>年齢と共に減少する女性ホルモンを補う成分でいつまでも元気に若々しく

不足しがちな女性ホルモンを補う

エクオールは、体内に入った大豆イソフラボンが腸内細菌によって代謝されてできる物質です。女性ホルモンと同様の働きがあり、更年期障害の軽減や骨粗鬆症の予防など年齢と共に生じる女性の悩み解消に効果が期待されています。ただし、体質によってエクオールを作れる人と作れない人がおり、日本人女性ではその割合はほぼ半々といわれています。作れる人は大豆製品を食べれば済みますが、作れない人はサプリメントで摂取することが大切です。エクオールのサプリメントを選ぶ際は、含有量と安全性に留意する必要があります。1日の目安量である10mgを含有していること、信頼できるメーカーの安心・安全な製品であることなどが選択の基準です。また、エクオールは体内に蓄積しておくことができず、わずか1~2日で排出されてしまうため、コンスタントに飲み続けることも重要です。

摂り過ぎに注意しよう

エクオールは年齢と共に不足する女性ホルモン・エストロゲンの機能を代わりに果たすものです。そのため、摂り過ぎるとホルモンバランスが崩れ、心身の不調につながる可能性があります。1日10mgという適正量は守るようにしましょう。ただし、そう極端に摂りすぎることがなければ、遅くとも数日中には体外に排出されるものなのでそれほど神経質になる必要はありません。過剰摂取については、エクオールを作れる体質か否かというのも大きく関わってきます。作れる人の場合、目安として1日に納豆1パック、豆腐なら1丁の3分の2を食べれば10mgのエクオールを産生することが可能ですから摂取しなくても大丈夫でしょう。作れる体質かどうかは簡単な尿検査で調べることができます。なお、エクオールのサプリメントは大豆を原料として作られています。したがって、大豆アレルギーのある人は摂取を控えた方が良いでしょう。

広告募集中